引きこもりから脱出する方法とは?まずは簡単な運動から始めよう

引きこもりになると、体は一気に衰弱していきます。歩数計を持って生活してみると、一日で千歩に満たないなんてことがざらにあります。当然、からだは弱っていきます。からだが弱くなると、外出することが面倒になります。

こころの健康を得るためには、からだの健康を得る必要があります。まずは運動を習慣づけていきましょう。

ノートに毎日続けたいことを書く

A5の小さなノートに、日付と『毎日続けたいこと』を書きましょう。そして達成したら横線を入れましょう。ノートに書いては横線を入れる理由は、成果を目に見えるようにすることです。

例・3種類の運動をする

  • 腕立て伏せ 10回
  • 腹筋 10回
  • 散歩 10分

達成したら……

  • 腕立て伏せ 10回
  • 腹筋 10回
  • 散歩 10分

このように横線を引きます。たったこれだけですが、自分が何を出来たのか分かるようになります。

他には、『買い物へ行く』『カーテンを開ける』『7時に起きる』など、決めた事を書き込みましょう。達成するたびに横線で消していくことを忘れないでくださいね。

毎日のルーチンワークを作る

ルーチンワークを作るときには、『これなら毎日出来そう』と思うことから、低いところから始めましょう。

ルーチンワークとは?

毎日繰り返し行う仕事や行動を指します。この記事で言うルーチンワークは毎日続けていきたい習慣のことです。

目標を高く設定すると、すぐ疲れたり嫌になってしまいます。まずは確実にこなせる数値を設定しましょう。

例・散歩の時間

最初の目標『一日30分歩いてみよう』

   ↓

実際の目標『一日10分歩いてみよう』

まずは毎日達成し続けることが大切です。一日だけ頑張るのではなく、毎日達成していくことを楽しんでいきましょう。時間や回数は、超過しても構いません。

2週間ほど、続けていると自分の中に自信が芽生えてきます。自分が決めた事を着実に達成していくことは気分がいいものです。

徐々に回数や時間を増やしてみよう

回数や時間を増やしても続けていけると、さらに自信が持てるようになります。ですが無理は禁物です。疲れてしまったり、無理のない数に増やしていきましょう。

例・運動

  • 腕立て伏せ 10回 → 20回
  • 腹筋 10回 → 20回
  • 散歩 10分 → 15分
  • スクワット 10回を追加

僕は歩くのが好きではなかったので、筋肉トレーニングを多めに増やしました。増やし方は自分のペースで大丈夫です。大事なのは『続けたい気持ち』です。『続けなきゃいけない気持ち』にならないようにしましょう。

まずは2週間続けてみよう

新しい習慣を作るには、2週間続けることが大切と言われています。始めてみると、あっという間に2週間経っていて、続けられている自分に驚くかもしれません。

やったことを目に見えるようにすることは大事です。何かを継続するには、目に見える形に落とし込んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください